会社情報製品情報サポート・お問い合わせグローバルサイト

CLUSTER ADVANCE UCCLA12P


APS Control + PWM Technology採用
クリックすると拡大画像が表示されます。 UCCLA12Pには、異なるニーズに対応するAPS(Adjustable Peak Speed) Control機能が搭載されています。
ファン中心部分に搭載されているスイッチにより3つの冷却モードを選択、システム環境やお好みに合わせて回転範囲を選ぶことができます。


Ultra Silent Mode : 500 ~ 1,200rpm(±10%)
Silent Mode : 500 ~ 1,500rpm(±10%)
Performance Mode : 500 ~ 1,800rpm(±10%)

クリックすると拡大画像が表示されます。

PWM(パルス幅変調方式)対応
PWMコントロール機能を持つマザーボードの4pinコネクターに接続することにより、BIOSにてファンスピードコントロールが可能となります。
PWMとは、Pulse Width Modulationの略で、CPUファンコネクター(4ピン)やシステムファン(4ピン)コネクターを持つマザーボードなどで採用されています。
※PWMを有効にするには、BIOSのファンの設定をPWMに変更する必要があります。
(最低回転数の関係でPC起動時にエラーメッセージが表示される場合、BIOSの詳細設定にて回避する事ができます。マザーボードの取扱説明書をご参照ください。)
※ファンコネクター(4ピン)の端子がPWMに対応しているか、マザーボードの取扱説明書にてご確認ください。
※3ピンコネクターにも対応しております。
(3ピンコネクターに接続の場合は、PWM機能は無効になり最大回転数で動作します。)
※付属の3ピン→4ピンペリフェラル変換コネクターを使用することにより、電源の4ピンコネクターに接続することができます。(変換コネクターを使用して接続する場合は、PWM機能は無効になり最大回転数で動作します。)

Twister Bearing(ツイスターベアリング)採用
Twister Bearing は、摩擦を最小限に抑えるために、ひとつのパーツで構成されています。

Oilを注すことなく滑らかな動作を実現する特殊な素材を採用しました。

Twister BearingとPCBボードに耐熱性の高い素材を採用しました。

マグネティックボールが軸を支持することにより振動を大幅に軽減します


高耐久MTBF10万時間を実現しました。

Batwing Blade(バットウィングブレイド)(特許)採用により、風量アップ
特許を取得したバットウィングブレイド構造を採用しています。
こうもりの羽をイメージしたファンブレイドは、通常のシングルブレイドを採用したファンに比べ、風量を大幅に増加させます。
クリックすると拡大画像が表示されます。

HALO Frame(ハロフレーム)構造(特許)
特許を取得したハロフレーム構造を採用しています。
ファンフレームの外周部分から空気を取り込み、通常のフレームより多くのエアフローを構築、バットウィングブレイドとの相乗効果で最大20~30%の風量を増加させます。
クリックすると拡大画像が表示されます。

ホワイトLED(on/offスイッチつき)搭載
4個のホワイトLEDを搭載しています。
スイッチによりON/OFFの切り替えが可能です。
美しく圧倒的な光量を誇るLEDは、回転するバットウィングブレイドを色鮮やかに演出します。

ファンブレイドの取り外しが可能
クリックすると拡大画像が表示されます。 UCCLA12Pは、Blade(羽)の取り外しが可能です。
埃や汚れの清掃が簡単に行えます。
冷却効果の維持、及び製品寿命をさらにアップします。

※Blade(羽)の軸の部分や本体側の基板は、絶対に濡らさないようご注意ください。故障の原因になります。

Blade(羽)の外し方は、こちらをクリックしてください。

付属品
クリックすると拡大画像が表示されます。 クリックすると拡大画像が表示されます。
変換コネクター 振動防止用アイソレーター

寸法図
クリックすると拡大画像が表示されます。

スペック
UCCLA12Pスペック / クリックすると拡大画像が表示されます。

※製品の仕様と情報は、予告なく変更される場合がございます。

ページ上部へ戻る


サイトポリシー 個人情報基本方針 個人情報の取扱いについて Copyright c 2005 Coolergiant co.,ltd. All right reserved.
Topページへ戻ります。